CASE STUDYビジネスでの利用事例

Kaleidoカレイド

株式会社コーセー

東洋インキ「Kaleido」で忠実に再現された、透明感のある"雪肌精ブルー"

カレイド

既存4色機で広演色印刷を実現する、画期的なプロセスインキ「Kaleido」。これを使って制作されたコーセーのスキンケア商品「薬用 雪肌精」のポスターは、従来では考えられない色再現性で、クリエイティブの価値を高めることに成功しました。「Kaleido」を採用するに至った理由とその魅力などを、株式会社コーセーのクリエイティブディレクター、竹内麻弓さんに伺いました。

クリエイティブへのこだわりと「Kaleido」との出会い

1985年の発売以来、雪のような白く美しい肌に導く化粧水として多くの女性に愛され続けている「薬用 雪肌精」。薬のビンをイメージした美しい瑠璃色のボトルデザインは、発売当初から今も変わっていません。今年7月から、イメージキャラクターに女優の新垣結衣さんを起用し、より若々しい透明感を強調したビジュアルイメージを打ち出しました。東洋インキの「Kaleido」を採用したポスターは、透明感のある「雪肌精ブルー」。

「同商品は、発売以来、27年を迎えるロングセラーのスキンケアブランドです。ハトムギ、トウキなどの和漢植物エキスをバランスよく配合し、透明感のある明るい肌に導くスキンケアとして化粧水からスタートしました。美白ブームや、ナチュラル系のブームもありまして、使用されたお客様が商品を人づてに紹介してくださって、まさに"口コミ"人気が広がった商品です。当初は大々的な宣伝などはしていなかったのですが、2007年に松嶋菜々子さんをイメージキャラクターに起用して商品シリーズを数多く展開するなど、弊社を代表するブランドして育ってきました。今年の7月からは、20代の若い女性にも商品を訴求していきたいという想いから、新垣結衣さんを起用しました。みずみずしい透明感や、大人の女性としての魅力を表現した広告プロモーションでブランドの価値をアピールしたいという想いで制作しました。

新垣さんの表情は、にっこり笑っているものではなく、どこか強さを秘めた眼差しを演出しました。 "そろそろきちんとしたお手入れを始めたい"、"今のスキンケアを見直したい"と考える女性へ、素肌美の大切さを伝える印象的なビジュアルになったと思います。男性は大抵笑顔の方を好むのですが、女性にアンケートをしたところ、少し澄ました大人びた表情の方が好感度があったんです。

『つやつや、すっぴん、透明感』をキャッチコピーとして、ビジュアルを制作する上でも、透明感や艶感を表現できればという想いから、東洋インキさんの「Kaleido」でポスターを印刷させていただきました。特に、私共がいつもこだわっているのが、商品ボトル自体の"雪肌精ブルー(PANTONのリフレックス・ブルー)"をいかに再現できるかということだったのです。通常の4色印刷だと、やはりこの透明感のある瑠璃色は出ないんですね。従来のインキではどうしてもくすみが出てしまう。私が入社して7年になるのですが、ずっと苦労していたところ、印刷会社さんから「Kaleido」を勧めていただいたんです。通常のインキを使用したものと比較しながら制作を進めたのですが、「Kaleido」の刷り上がりを見て驚きましたね。階調も色再現も格段に向上していて、今までの苦労は一体なんだったんだろう!と(笑)。また、新垣さんの肌や髪の質感、背景の海と空のグラデーションなども美しく再現されていて、長年の試行錯誤がようやく実を結んだと社内でも評判です。今までは十回ほど色校正を出していたのですが、今回は数回で済みましたし(笑)。特別なインキを使わずに、自然な印象でありながら鮮やかな発色が出るということで、コストダウンにも繋がったと思います。

弊社の制作物はすべてインハウスのデザイナーで手がけているのですが、商品数が多いので本当に大変なんです。今回のポスターは店頭に掲げるもので、他にもパンフレットなど細かい印刷物がたくさんあります。雑誌などに出稿する際は、校正が限られているので色味に関しては諦めてしまっていたのですが、こういった媒体でも「Kaleido」を採用していただけると嬉しいですね。「Kaleido」は想像以上に自然で透明感のある仕上がりだったので、今後は他の印刷物でも試してみたいです」

※本記事の内容は原稿作成時2012年12月時点のものです

竹内 麻弓 さん

株式会社 コーセー
宣伝部 宣伝制作課 クリエイティブディレクター マネジメントディレクター

CONTACT

上記記事で扱われている製品や技術に関する詳しいお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

WEBからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote