CASE STUDYビジネスでの利用事例

色見本帳

株式会社スタルカ

色が好みで、ずっと使わせていただいてます

色見本帳

私はカラーファインダーの色が好きで、ずっと使わせていただいてます。独立する前、出版社に勤務している時に印刷会社の方に紹介を受けました。その時はまだ色数も少なかったと思いますが、出版物の色を合わせる為、プロセスカラーの掛け合わせにはカラーチャート、特色といえばカラーファインダーという事で。
カラーファインダーは専門店で購入しましたね。手元にある新しいタイプのものは、実は2つ目になります。セットで店頭購入したのですが、使う色が決まっているので短冊毎に欲しいですよね。Webサイト上で短冊毎のばら売りがされている事は、最近知りました。(笑)

カラーファインダーを確認と提案のツールに

小林さんがデザインした「マルコムX自伝」

出版業界の出身でしたのでブックデザイナーとしても活動しています。デザインで使う色は結構決まっていて、黒と赤が多いのです。本の仕事に限って言えば、特色で黒と赤を使用する事が多いです。本の装画(表紙イラスト)は自作する事もあります。カラーイラストを使用する場合、特色を使うと5色になってしまうのでほとんどの場合、掛け合わせ4色にしてしまいます。
こちら(マルコムX自伝)には面白いエピソードがありまして、最終的には銀になったんですが、金の方が良いとクライアントから言われまして、最後まで金か銀で迷いました。
実際は販売されていないのですが、極少数特別に作られた貴重なものとなります。こちらもカラーファインダーの特色を使用しています。これも帯は何故か赤を使用しています。(笑)
本の帯もデザイナーがデザインをしていまして日本の出版業界ではつきもので、無い方がカッコイイんですが宣伝文句や写真を全部入れるなど、結構苦労して制作しています。

黒と赤を使用したインパクトのあるブックデザイン

プレゼンを行う際に使用する場合、MACでカンプを作るのですが、チップを必ず添付して、「この特色を使います」という事を、最初の段階でクライアントに提案します。赤のなかでも、明るい金赤や、深みのある赤等様々です。実際のチップで見ていただくと、「少し暗いのでもう少し見やすくして欲しい」という要望を受ける事もあります。
初めて本を出版されるような作家さんの場合だと、色の想像がつかない事があるので、具体的にお見せした方が分かっていただけるし、後のトラブルも避けられます。特色を使用する場合、掛け合わせだけでご提案する事はまずありません。
デザインに赤を使うとインパクトがある、強さがある。主張できる強い色としてよく使います。それに対して黒というのは色の基本だと思います。水墨画もよく描いていて日本の伝統色でもある墨の色が基本だと思うので、そこから始まると全てのベースが黒なんです。黒さえ入っていれば墨文字や白抜きにしたり、他の色を多用しても上手くまとまります。

基本だからこそ黒に拘ります

小林さんがデザインしたミレニアムブラックを使用したポスター

他の色をベースにするのは難しいと思います。デザインをする場合は第一に黒の使い方を考え、黒をベースに考える事でデザインが締まりますね。カラーファインダーの墨色はミレニアムブラックを筆頭に他の黒からグレーのバリエーションも覚えています。
他のデザイナーにも墨に拘りのある方はいらっしゃると思いますよ。黒については媒体やターゲットごとに使い分けています。普通紙に黒を1回刷っただけではグレーっぽくなってしまいます。2回刷りもしていただいたのですが、それでも浅かったのでミレニアムブラックを使用したら2回刷りとほぼ同じ深みのある黒が出てポスター等の主張するデザインにはぴったりでした。

出力すると印刷環境によりどうしても深みが変わってしまって、クライアントにもこんなにも変わるのかと言われます。ですからミレニアムブラックなど濃い黒を使った方がギャップがないですね、2回刷りするとコストも掛かってしまいますし。

今後のカラーファインダーの展開に期待する点

紙が薄いので、もう少しコシがあっても良いんじゃないかと思います。
あとCMYKの色の掛け合わせがWebで展開されているだけなので、そういった掛け合わせ表もあると助かりますね。紙媒体上での確認表、モニターなどデジタルデータでの確認表などがあっても良いかもしれないです。
多くのデザイナーさんが他のカラーチップと併用されていると思いますが、色が多くなる事は、よりデザインイメージの幅が広がると思いますし、今後に期待しています。 言葉では言い表しにくい、難しい色の思いを伝える為のツールがカラーファインダーなのではないかと思います。

デザインや配色のアイデアは普段の生活の中に

パッケージの作品で<蕪村>という焼酎のボトルデザインをしました。こちらはネーミングから担当させていただきました。ちょうど麦焼酎がブームの頃で様々なネーミングを考えたのですが、与謝蕪村というお酒が好きな俳人の名前からイメージし、紙にも拘りデザインさせていただいて採用されました。こういう仕事は楽しいんですが、時間も掛かりますね。写真やイラストが入らない限りカラーファインダーの特色を使用し、最終的には色も何十色と試行錯誤しながら進めました。どうしても納得がいかない色があってチップ2種類を出して、その中間色を出して欲しいと印刷会社にお願いした事もありました。

デザインで気をつけている事として出来るだけ日本の伝統色を使うよう心がけています。日本の伝統色は染料など自然のものから色を作っているので、すごく目にやさしくて落ち着くというか、深みがあります。配色はシンプルにして、文字などタイポグラフィで強く見せるようにしています。
配色は着物を着る感覚で、帯と着物の色合わせとかを意識しています。常に頭の中には色のバランスがあって、それは普段の生活の中でも活かされているので、日頃の仕事の中から得られた物ではないかなと思っています。

色の蓄積が良いデザインを生み出す

色のバリエーションは常に身近にないとまずいなと思います。またデジタルの手法に慣れていると、画面だけで常に色を見ているので仕上がってきた印刷物と違ってきます。現在では、デザイナーにすぐに素材が届き、そのままレイアウトしたり加工している事が多いのですが、それがデザインを面白くなくしている原因ではないでしょうか。
自分で最初からデザインやアイデアを考えていく。自分で商品の中に入っていって考える事が重要だと思います。
例えば和菓子職人の食紅を入れるタイミングとか、パティシエの配色センスとか、色で「食べさせる」という仕事は凄い事だと思います。
デザインのアイデアが出たらカラーファインダーのチップを使って、色のメモやアイデアスケッチに使っていただき、クライアントとの打ち合わせやプレゼンまでにまとめる、印刷に回す際に特色で色指定を行うので無駄にはなりません。 カラーファインダーを日頃から使用する事で、自分の頭の中に仕上がりのイメージを持って、蓄積していく事で良い経験になっていき、色の引き出しがたくさんできます。常に色を意識して使う事が、良いインスピレーションにつながると思います。

日本図書設計家協会のポスター「カヴァーノチカラ」の前で

小林真理 さん

株式会社スタルカ
代表取締役・アートディレクター/ブックデザイナー

CONTACT

上記記事で扱われている製品や技術に関する詳しいお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

WEBからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote