CASE STUDYビジネスでの利用事例

UDing

株式会社バンダイ

「真のグローバル化」を見据えて「カラーUD」に取り組む

UDing

最初のUDは「取り出しやすいパッケージ」

玩具や模型などの商品開発を手がけ、多くの人々に「夢」と「感動」を与え続けてきた株式会社バンダイ。「キャラクターマーチャンダイジング(CMD)」というビジネスモデルを軸に、新たな領域にもチャレンジし続けています。そんなバンダイが、UDに取り組み始めたのは2003年。最初は、商品を取り出しやすいパッケージの工夫から着手したそうです。
「一人ひとりの社員が『これがベスト』と考えてものづくりに励んでいるわけで、そんな中でUDへの理解を得るのは大変でした。」
そう語るのは、プロダクト保証部の三本松真広さん。三本松さんの粘り強い説明の甲斐もあり、次第に社内にはUDへの理解が深まっていきました。

「UDがやりたくて会社に入った」と三本松さん。
カラーUDについても 「やれるところは、すべてやっていきたい」と語る。

「UD」から「カラーUD」へ

バンダイが「カラーUD」に取り組み始めたのは2008年。三本松さんが、あるイベントで東洋インキのブースを訪れたのがきっかけでした。「色覚障がい」について一定の知識はあったものの、見え方の違いに驚いた三本松さんは「これはやらないといけない」と強く思ったそうです。
会社として最初に着手したのは、パッケージの表記。例えば、黒地に赤文字で書かれているものは、黄色文字に変更するなど、色づかいに配慮しました。また、ガンダムのプラモデルの説明書なども、パーツの色分けを工夫することで、誰が見ても混乱しないようにしました。
「こうした色への配慮に取り組むと、色覚障がいの有無にかかわらず、その方が誰にとっても見やすいことに気付きました」と三本松さんは言います。

実際に使ってみて

2007年初めのころ、「UDing」のWindows版をテストしてみた金さん。「実際に使ってみて、各色覚タイプ別の見え方が、スムーズにシミュレートできました」と言います。その後、Macintosh版も同様にスムーズに動作することを確認し、今ではすべての作業をMacintosh版で行っています。

「カラーUD」配慮前のパッケージ表記。
第1色覚障がいの人には、赤字が黒の背景に埋もれ、 大切な部分が目立たない。
現在のパッケージ表記。
赤色の文字を黄色に変更することで、 「カラーUD」に配慮している。
改善前。
切り取り口の位置が、背景のデザインに埋もれて 分かりにくくなっている。
改善後。 「カラーUD」への配慮だけでなく、切り取り口の表記なども改善し、誰にとっても分かりやすいようにした。

玩具は子どもが最初に手に取るカラフルなもの

こうして業界に先駆け「カラーUD」を推進するバンダイですが、三本松さんは決して十分とは感じているわけではありません。「玩具は、子どもが最初に手に取るカラフルなもの。それで色を覚えたりするわけで、とても重要な役割を担っています。」
玩具の場合、キャラクターなどは決められた色があるので変えるわけにはいきませんが、「会社として、やれる領域はすべてやっていきたい」と三本松さんは言います。
今後、「真のグローバル化」を目指し、世界的な市場で戦っていく上でも、「色への配慮」は不可欠なピースと考えているようです。

CONTACT

上記記事で扱われている製品や技術に関する詳しいお問い合わせは、
下記よりご連絡ください。

WEBからのお問い合わせはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote