COLOR SOLUTION伝わる色の考え方・使い方

誰にでも優しく理解しやすい色の見え方カラーユニバーサルデザイン

発生の仕組み

色覚障がいは、網膜にある「錐体(すいたい)」の機能不全により発生します。

「色覚障がい」は、なぜ起こるのでしょうか。ここでは、発生のメカニズムについて、ご説明します。
人の目の網膜には、色情報を感じる「錐体(すいたい)」という細胞があります。この「錐体」には、赤色を感じる「L 錐体」、緑色を感じる「M 錐体」、青色を感じる「S 錐体」の三つがあり、これら三つの錐体を機能させることで、人はさまざまな色を識別します。
ところが、これら三つの錐体のうち、どれか一つでも正常に機能しないと、一部の色の識別ができなくなってしまいます。これが「色覚障がい」発生のメカニズムです。

目の構造

こうした錐体異常のほとんどは、先天的な遺伝によって発生し、これを「先天的色覚障がい」と言います。一方で、加齢や病気などによる「後天的色覚障がい」の人も、日本国内で推定30~50万人ほどいると言われています。

色覚障害とは

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote