PRODUCTS色で伝える東洋インキプロダクト

PRODUCTS 01カレイド

RGBのイメージをそのままに。
広演色印刷を実現する

04Kaleidoの色を活かす色調補正のコツ

POINTA花の色をあざやかに

花部分だけを選択して、「色相・彩度」調整レイヤーを使ってみます。選択範囲作成用の調整レイヤーをいくつか組みあわせて、最小の手間でマスクを作ってみましょう。今回のイラストでは、選択系のツールではうまく花部分を切り取れません。
そこで、花部分とそれ以外ができるだけ分離するように、一時的に画像に極端な色調補正を加えます。花がほぼきれいに白くなり、花以外が最小の手間で修正できる程度まで画像を加工し、そのままマスクに変換します。

01チャンネルミキサーとトーンカーブでモノクロームに

レイヤーグループ内に「チャンネルミキサー」を作成します。チャンネルミキサーは、色補正だけでなく非常に柔軟な調整ができるため、思い通りのモノクロ画像を作るためにも使われます。チャンネルミキサーで画像をグレースケールにし、必要な色を白、隠したいところを黒に調整していきます。

チャンネルミキサーの「モノクロ」にチェックを入れて、必要な赤、「レッド」を持ち上げます。「グリーン」 は逆に最小にし、全体の濃淡を「ブルー」で調整しましょう。ここでは、完全に白と黒に分けることを考えず、さらに調整レイヤーを追加して徐々にマスク化するための基礎を作るようにします。チャンネルミキサーのかわりに「白黒」調整レイヤーを使ってみてもいいでしょう。
チャンネルミキサーだけでは、パキッとしたマスクにはなりません。ここでのチャンネルミキサーの役割は“ 色を分離する基礎 ”です。このあとさらに調整レイヤーを追加して、より扱いやすいマスク画像にしていきます。

分離させたトーンをさらに強調するために、トーンカーブを追加します。黒を黒く、グレーから白にかけてを完全に白にします。この角度が急すぎると、マスクのエッジがきつくなってしまうのでほどほどにしましょう。
よりはっきりとしてきました。花以外も選択されていますが、よく見るとブラシで塗りつぶすのにそれほど支障はなさそうです。ここから花以外の部分を塗りつぶして花のマスクを完成させます。ブラシだけで塗ると時間のかかりそうな細かい部分がはっきりと選択されているため、見た目ほどの時間はかからずマスクを作成できます。

02編集・整理しやすいレイヤーグループのマスクにする

マスクが完成したら、作成したマスク調整レイヤーを、あとで一気に非表示にできるようグループにまとめます。さらに、「マスク作業用」グループを「花」グループの中に入れておきましょう。以降、色調補正の調整レイヤーは「花」グループに入れて行ないます。この「花」レイヤーグループにマスクをつけてしまうことで、1枚のマスクでいろいろな色調補正を試すことができます。

まず、01の手順で白黒にした画像を選択範囲にします。
command + option + 2キーを押すと、RGBチャンネルからグレースケールの選択範囲を取得することができます。このグレースケールは「編集」→「カラー設定」で指定したグレーのドットゲイン・ガンマ設定でグレー変換したもの、つまり「モード」→「グレースケール」と同じものが取得できます。一時的に白黒画像に調整しているため、見えているものを同じグレーを取得します。

選択範囲がある状態で、「花」レイヤーグループを選択し、レイヤーパレット下部の「レイヤーマスク作成」ボタンを押すか「レ イヤー」メニューの「レイヤーマスク」→「選択範囲(外)をマスク」を選択して、レイヤー グループにマスクをつけます。モノクロにするために使った「マスク作業用」グループ は非表示にしておきます。これで原稿はオリジナルのカラー状態に戻ります。

このレイヤーグループにつけたマスクを編集します。マスクを選択した状態でSHIFT + ¥キーを押し、マスクをオーバーレイさせ、ブラシを使って不要な部分をそれぞれ塗っていきます。 最終的な調整内容が「色相・彩度」での彩度調整なので、多少はみ出ても目立ちません。ざっくりと塗っていきましょう。確認のためにマスクのオーバーレイ不透明度を100%にして、塗り残しがないかチェックします。

03「色相・彩度」で彩度を上げる

レイヤーグループにレイヤーマスクを設定しているため、この中に入れた調整レイヤーは全て同じマスクを共有することになります。花の彩度を上げるために、「色相・彩度」調整レイヤーを追加し、「マスター」の彩度を +15しました。必要に応じて「シアン系」や「レッド系」の彩度を調整します。これで花部分の彩度をVivid_A1プロファイルの色に近づけることができました。Vividプロファイルでは潰れていた、彩度の高い部分のディティールも残せています。

  • 色調補正、その前におさえておきたいこと
  • 色調補正の結果
  • POINT A 花の色をあざやかに
  • POINT B 目の青に透明感を、ピンクをあざやかに
  • POINT C 肌と髪色を調整
  • POINT D 空の段差なく、あざやかに

※この内容は、『+DESIGNING 』2014年5月号(vol.32)に掲載されています。
http://www.plus-designing.jp/pd/pd36/pd36.html

BACK NUMBERバックナンバー

10オレンジ&グリーンで色域を拡張新しいソリューションKaleido Plus

記事をみる

09広色域インキKaleido&高精細ハイブリッドスクリーンFairdot2

記事をみる

08Kaleido 3C+グリーンでさらにあざやかな色表現を

記事をみる

記事の一覧へもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote