PRODUCTS色で伝える東洋インキプロダクト

PRODUCTS 01カレイド

RGBのイメージをそのままに。
広演色印刷を実現する

04Kaleidoの色を活かす色調補正のコツ

POINTC肌と髪色を調整

肌と髪だけをマスクする必要がありますが、同系色が多いため、手動調整は避けられません。髪と肌両方をレイヤーグループのマスクに設定し、その中で髪と肌を別々に、レイヤースタイルをうまく使って1枚のマスクで補正します。

01肌と髪、両方を「色域指定」で選択

肌色と髪色が近く別々に選択するには時間がかかりそうなので、まず「色域指定」で髪と肌の両方を選択してしまいます。shiftキーを押しながら画像をクリックすると、その色も指定色域に追加されます(optionキーを押しながらクリックで除外)。「許容量」はできるだけ少なめにしておき、最後にマスクのエッジが滑らかになるように少しずつ増やしましょう。人物以外にかかるマスクが、あとでブラシで楽に消せそうな様子になるまで調整し、不要な部分を塗りつぶします。選択できたら、レイヤーグループのマスクに設定します

マスクをオーバーレイして必要ない部分を塗っていきます。オーバーレイ不透明度を100%にして、画像内に塗り残しがないかチェックしながら塗りましょう。「色域指定」でうまく選択できれいれば、髪や肌のエッジはきれいにマスクされているはずです。飛び石状に塗り残された部分を塗りつぶすだけで肌と髪だけのマスクができあがります

02肌のみを選択してマスクする

次に、肌と髪が選択されたマスクから肌だけを選択します。肌と髪の色が近いため、クイック選択などではうまく肌だけを選択できません。ここでもマスク用のテンポラリ調整レイヤーを作って、できるだけ塗りの手間を減らします。できあがったマスクを設定するため、あらかじめ肌用・髪用の調整レイヤーもグループ内に作成しておきましょう。花の補正と同じようにテンポラリ調整レイヤーはグループにまとめ、この「マスク作業用」グループ内でマスクを取るための調整をします

まず肌を取り出します。「白黒」調整レイヤーを使い、レッド系とイエロー系を調整して髪と肌を分離します。さらにトーンカーブでくっきりさせます。後で塗り足すことも考え、エッジが汚くならないようにします

03レイヤースタイルを設定し、マスクを一枚で済ませる

肌部分だけが出るようにマスクを調整しました。赤部分が髪と肌両方を選択したレイヤーグループのマスク、緑部分がいまつくった肌のマスクです。作成時に必要のない部分も選択されていますが、グループでマスクされているため気にする必要がありません。このマスクを「特定色域・肌」調整レイヤーに適用して、肌部分を調整します。このとき肌マスクを設定した「特定色域・肌」調整レイヤーにレイヤースタイルを適用すると、直下に置いた「トーンカーブ髪の毛」レイヤーに反転した肌マスクを追加するのと同じ効果が得られます(紫部分)

レイヤー無地部分をダブルクリックするか、レイヤーパネルメニューから「レイヤー効果」を選択し、「ノックアウト」を「浅い」に設定します。すると「特定色域・肌」マスクで隠された部分に対してのみ、肌マスクを反転してあてがったかのように「トーンカーブ髪の毛」の効果が出るようになります。面倒な反転マスク操作なしに、一枚のマスクだけで済ませることができます。またこの方法であればお互いに影響を及ばさないので、画質劣化を最小限に抑えられます

「特定色域・肌」の特定色域の選択でレッド系を涼しげに調整し、「トーンカーブ髪の毛」のトーンカーブで髪を少し軽めに微調整しました

  • 色調補正、その前におさえておきたいこと
  • 色調補正の結果
  • POINT A 花の色をあざやかに
  • POINT B 目の青に透明感を、ピンクをあざやかに
  • POINT C 肌と髪色を調整
  • POINT D 空の段差なく、あざやかに

※この内容は、『+DESIGNING 』2014年5月号(vol.32)に掲載されています。
http://www.plus-designing.jp/pd/pd36/pd36.html

BACK NUMBERバックナンバー

10オレンジ&グリーンで色域を拡張新しいソリューションKaleido Plus

記事をみる

09広色域インキKaleido&高精細ハイブリッドスクリーンFairdot2

記事をみる

08Kaleido 3C+グリーンでさらにあざやかな色表現を

記事をみる

記事の一覧へもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote