PRODUCTS色で伝える東洋インキプロダクト

PRODUCTS 01カレイド

RGBのイメージをそのままに。
広演色印刷を実現する

05 実験・検証を経て公式化!新プロファイルが誕生

実験・検証の末にカレイドの新しいプロファイルが公開

プロセスインキの色域を超えたあざやかな表現を手軽に実現するカレイドインキ。この連載ではカレイドをよりカジュアルに使うための、さまざまな可能性を追求してきました。

第2回(2013年8月号)で検証を開始したカラープロファイル実験は、より色域を活かすための方法として、一定の成果を得ました。

そうしたおよそ1年半にわたる検証の結果、カレイドを展開する東洋インキでは、実験プロファイルのうち3つを、カレイドプロファイルのバリエーションとして公開しました。
1つめは、標準の分解(KaleidoV5)に比べて、墨版の生成を優先することでインキ量をセーブしつつ、透明感のある表現に仕上がる「GCR」。2つめは自然なあざやかさを作り出す「Vivid」、3つめは「Vivid」よりもさらに強いあざやかさを生み出す「SuperVivid」です。
今回は、標準プロファイルと3つの新プロファイルによる印刷比較結果をご紹介します。

写真• tsukao/イラスト 板倉梓

新プロファイルは下記ページよりダウンロード可能です。

※この内容は、『+DESIGNING 』2014年8月号(vol.37)に掲載されています。
http://www.plus-designing.jp/pd/pd37/pd37.html

BACK NUMBERバックナンバー

10オレンジ&グリーンで色域を拡張新しいソリューションKaleido Plus

記事をみる

09広色域インキKaleido&高精細ハイブリッドスクリーンFairdot2

記事をみる

08Kaleido 3C+グリーンでさらにあざやかな色表現を

記事をみる

記事の一覧へもどる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote