箔に迫る高輝度感を実現する画期的な「TOYO KING メタリックシルバー」がアートフォトマガジン「IMA MAGAZINE」で採用されました。

INFORMATION

注目のアートフォトマガジン「IMA MAGAZINE」最新号(24号)にある特集「ミレニアル世代の"イット"フォトグラファーたち」のページ扉に東洋インキのシルバーインキが採用されました。P17が該当ページです。従来のシルバーインキに比べ、箔に迫る高輝度感を実現する画期的な「TOYO KING メタリックシルバー」と広演色インキ「Kaledio Plus®」最大6色(シアン、マゼンタ、イエロー、ブラック、オレンジ、グリーン)で高級感を演出しています。

IMA MAGAZINE

現在発売中のアートフォトマガジン「 IMA 」(株式会社アマナ発行)2018夏号、特集ページ扉でその表現力がご覧いただけます。
ぜひ手に取って、その輝きぶりをご確認ください。
購入方法は下記URLを参照ください。

https://imaonline.jp/imaproject/ima_magazine/vol24/#img9


TOYO KING メタリックシルバーについて

東洋インキは、顔料合成、樹脂設計からインキ化まで全てをグループ内で一貫して手掛ける専門メーカーの強みを活かし、従来インキ化が困難であった特殊アルミ顔料を活かした、画期的な高輝度シルバーインキ「TOYO KING メタリックシルバー」を開発しました。 新たに開発した「TOYO KING メタリックシルバー」は、通常のオフセット印刷では得られない、箔押しに近い「高輝度感」「高光沢感」「鏡面効果」を実現。

Kaleido Plusについて

4色プロセスインキでありながらAdobeRGBの色再現領域をほぼカバーできるKaleidoは、従来インキでは印刷できなかった鮮やかな色彩と滑らかな階調を再現します。Kaleido Plusは、KaleidoのC(シアン)、M(マゼンタ)、Y(イエロー)、K(ブラック)の4色プロセスインキに新たにグリーンとオレンジを追加。最大6色印刷によって従来のKaleido®に比べて約120%の色表現を達成しています。最大の特徴は、CMY+オレンジやCMY+グリーン等、4色の組み合わせにより、4色機でも彩度の高い色領域を再現できる事です。