SDGs目標1貧困をなくそう

あらゆる場所で、あらゆる形態の貧困に終止符を打つ

目標1は、2030年までに、2030年までに、世界中の極度の貧困を終わらせること、そして各国内のあらゆる次元の貧困を半減させることを打ち出しています。さまざまな形で貧困状態にある人たちが、必要な社会サービスを利用でき、基本的な生活水準を維持し、誰もが本来持っている自分の力を十分に発揮できる仕組みを整えることを目指します。

目標1の世界の現状(一部を抜粋)