SDGs目標2飢餓をゼロに

飢餓に終止符を打ち、食糧の安定確保と栄養状態の改善を達成するとともに、持続可能な農業を推進する

目標2は、2030年までに飢餓をなくすこと、特に貧困層や子どもたちなど脆弱な立場にある人たちが一年中安全で栄養のある食料を十分得られることを目指します。
そのために、生態系を守り、自然災害にも負けない持続可能な農業を進め、農業生産性を2倍に高め、投資を増額するとともに、食料市場を適切に機能させていくことも目標に含まれています。

目標2の世界の現状(一部を抜粋)