SDGs目標3すべての人に健康と福祉を

あらゆる年齢のすべての人々の健康的な生活を確保し、福祉を推進する

目標3は、妊産婦や新生児、5歳以下の子供の死亡率を減らし、予防可能な病気で命を落とすことのない世界を目指します。また、マラリア、結核、ポリオ、HIV/エイズなどの感染症や、水によって感染する病気などの流行を終わらせます。そして、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(誰もが適切な予防、治療、リハビリ等の保健医療サービスを、支払い可能な費用で受けられること)を達成し、必要な薬やワクチンを得られること、また有害化学物質、ならびに大気・水質・土壌の汚染による病気を減らすことも目指しています。

目標3の世界の現状(一部を抜粋)