SDGs目標6安全な水とトイレを世界中に

すべての人々に水と衛生へのアクセスと持続可能な管理を確保する

目標6は、2030年までに、すべての人が安全で安価な飲料水を得られること、そして適切な下水や衛生設備にアクセスできることを目指します。また、水不足や劣悪な水質を改善し、有害な化学物質や物質の投棄削減と最小限の排出にとどめ、水質管理や水の再利用に取り組むとともに、水や衛生環境の改善に地域社会が積極的に取り組むよう支援します。

目標6の世界の現状(一部を抜粋)