SDGs目標11住み続けられるまちづくりを

都市と人間の居住地を包摂的、安全、レジリエントかつ持続可能にする

目標11は、すべての人々のが、適切で安全かつ安価な住宅に住め、水や電気などの基本的なサービスを利用できるようにし、スラム地区の暮らしも改善します。また、女性や子供、障がい者、高齢者にとって安全で利用しやすい公共交通機関や安全な公共スペースを提供し、貧困層および脆弱な立場にある人々に対しても、保護することに重点をおき、水害などの災害による死者や被災者数を大幅に削減していきます。都市部においては、大気質、自治体などによる廃棄物管理への特別な配慮などを通じて、都市部の一人当たり環境影響を軽減していきます。

目標11の世界の現状(一部を抜粋)