STUDYカラーユニバーサルデザイン

誰にでも優しく理解しやすい色の見え方

色の「違った見え方」で、
困っている人たちがいます。

色の見え方には、個人差がある事をご存じでしょうか?国内には、約320万人にも上る「色覚障がい」の人がおり、その識別に不便さを感じているといわれています。
「カラーユニバーサルデザイン(CUD)」は、そんな「色のバリア」をなくし、誰にでも優しく、理解しやすい色の見え方を推奨する概念です。