INFORMATIONカラーユニバーサルデザイン

カラーユニバーサルデザインへの取り組み

カラーUDツール「UDing ディザ」登場

これまでカラーUDを取り入れづらい理由として、「使用できる色が制限される」「色の変更で配色イメージが変わってしまう」などがありました。「UDing ディザ」は、そうしたご意見を踏まえて開発した新しいカラーUD支援ツール。「ディザ処理」を活用し、色変更をせずに配色デザインを表現することができます。

詳しくはこちら